第66回 川口雅昭氏 of ねっと99夢フォーラム

川口 雅昭 氏

人間環境大学教授

 幕末の長門国萩城下にあった松下村塾は、15坪ほどの瓦葺き平屋建てで、わずか2年余の教育期間ながら、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文・山県有朋といった後世に名を刻した多くの人材を輩出しました。
彼らの師匠こそが、幕末を駆け抜け、維新の先駆者となり、国難に殉じ二十九年の生涯に幕を閉じた吉田松陰です。彼はそばにいる人間に「何とかしてやるぞ」というやる気をひきおこさせる「點醒」の達人だったといいます。
国力を削がれ、リーダーが決断力、判断力を失った今の日本にあって、松陰の「愛しむ人づくり」が急務です。18歳から40余年にわたり松陰研究を続ける人間環境大学教授の川口雅昭氏に、松陰の卓越した教育力を開示していただきます。

略歴
川口雅昭(かわぐち・まさあき)
Kawaguchi Masaaki
昭和28年2月8日、山口県生まれ。53年、広島大学大学院教育学研究科博士課程前期修了。山口県立宇部・美祢・山口の各高等学校教諭(日本史)、山口県史編さん室(明治維新部会)などを経て、平成10年9月より岡崎学園国際短期大学教授。平成12年4月より人間環境大学教授。著書に『吉田松陰名語録 人間を磨く百三十の名言』『吉田松陰一日一言 魂を鼓舞する感奮語録』『吉田松陰』(致知出版社)等がある。

up.JPG

.

IMG_6143.JPG

IMG_6145.JPG

IMG_6144.JPG

IMG_6149.JPG

講師コメント

ねっと99の講師をつとめて

人間環境大学客員教授 川口雅昭

大変お世話になりました。
みなさまご清聴を賜り、感動いたしました。
ありがとうございました。
皆様に宜しく伝声くださいませ。
では、よいお年をお迎えくださいませ。


参加者の声

「吉田松陰と松下村塾に学ぶ」を聞いて

長生地域まちづくりステーション理事長 大柿恵司

千葉県山武郡大網白里町の大里綜合管理(株)をホーム会場に開催されている「ねっと99夢フォーラム」。九十九里地域に因んで名付けられたこの名称ですが、当フォーラムは99回続けられることになっているそうです。この日はとても風が強かったのですが、丁度3分の2に当る第66回目のフォーラムに参加してまいりました。

タイトルは「點醒の達人、愛しむ人づくり 吉田松陰と松下村塾に学ぶ」。そして講師は、松陰研究家で人間環境大学教授の川口雅昭先生。熱く熱く、語られました。

松陰は松下村塾で約2年の間に、高杉晋作、久坂弦瑞、伊藤博文、山形有朋らを育て、しかも29歳の若さでこの世を去った人物ですが、私が29歳でこの世を去っていたら、何にも残さずに消え去っていたことになります。今も同じですけれど。

さて、皆様にも、これまでの人生で強烈に影響を与えてくださった人物はいらっしゃいましたでしょうか。私の場合は、今はなき財団法人、千葉地域科学研究所の理事長だった野村 泰(ゆたか)氏ですね。相当に影響を受けていると思います。先日7日(金)に千葉県観光物産協会の安田敬一会長に幕張でお会いしましたが、氏からもそのように言われ、最近、はがきが届きました。

ところで大里綜合管理(株)では省エネ対策をしっかり実践していることから、体を温めるため、1時間ごとに全社員で体操をやっているんだそうです。この日、体験させていただきました。
(~長生郡と茂原市で地域活性化のお手伝い 大柿恵司の“日々是好日”~より)

参加申込みへ


登録メールアドレス
退会メールアドレス

お知らせ

ボランティアスタッフ募集

ねっと99夢フォーラムでは、フォーラムの運営をお手伝いくださる方を募集しています。開催の案内・データ作成と管理・ホームページなど、メール等でご連絡下さい。

年間フリーパスポート会員

milk_bg_RD.jpg13,000円で一年間(11回)フリー!

関連リンクLinkIcon