第63回 内藤洋子氏 of ねっと99夢フォーラム

内藤 洋子 氏

日本ペンクラブ会員・エッセイスト

 エッセイストの内藤洋子氏は、12歳で父親を、17歳で母親をともに病気でなくしたものの、持ち前の負けん気と体力で家業の金物店の経営を引き継ぎながら愛知県立中村高等学校を卒業しました。金物店の廃業後は、21歳で薬局の販売員、23歳で愛知県警察の交通巡査員となり、28歳から41歳までは夫と喫茶レストランの経営を行いました。
 40歳からエッセイを中心に執筆を始め、デビュー作『わが故郷は平野金物店』(エフエー出版)は、NHKテレビで、「ようこそ青春金物店」として連続ドラマ化されました。
 内藤氏の6歳下の実弟、平野謙氏は、中日ドラゴンズ、西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズでベストナイン9回や盗塁王に輝いた元プロ野球選手、現中日ドラゴンズ1軍外野守備走塁コーチです。
 当日は、逆境に負けない、夢をあきらめない生き方を、内藤氏が明るくパワフルに語ります。

略歴
内藤 洋子
ないとう・ようこ
Youko Naitou
1949年12月3日、愛知県名古屋市生まれ。日本ペンクラブ会員、日本エッセイストクラブ会員、前岩倉市教育委員長、栄中日文化センター講師、中日新聞にコラム連載中。体験に基づく本音に徹した明るい講演は、全国各地から引っ張りだこ。著書に『ココロはいつもわはは色』(JA家の光協会)、『女のモノサシ』(中日新聞社)、『雲ひとつあり』(ゆいぽおと)などがある。


upup.JPG

.

IMG_5320.JPG

IMG_5321.JPG

講師のコメント

「まちづくり、ひとづくり、自分づくり」の熱意に感服

エッセイスト 内藤 洋子

名古屋市郊外に住んでいる私にとって、初めての千葉、初めての「ねっと99夢フォーラム」。
主宰者、スタッフ、参加者の皆様の「町づくり、人づくり、自分づくり」に対する熱意に感服しました。
控室でいただいた「炊き込みご飯のおにぎり」も、親戚の家で出されたような温かい味でした。
また皆様にお会いできるような予感がしています。本当にお世話になりました。

IMG_5324.JPG

IMG_5334.JPG

IMG_5342.JPG

参加申込みへ


登録メールアドレス
退会メールアドレス

お知らせ

ボランティアスタッフ募集

ねっと99夢フォーラムでは、フォーラムの運営をお手伝いくださる方を募集しています。開催の案内・データ作成と管理・ホームページなど、メール等でご連絡下さい。

年間フリーパスポート会員

milk_bg_RD.jpg13,000円で一年間(11回)フリー!

関連リンクLinkIcon