第37回 関幸子氏 of ねっと99夢フォーラム

関 幸子 氏

NPO法人地域産業おこしに燃える人の会理事長

地域資源を活かしたまちづくり ~主役は市民!~

「各地域で地域産業おこしに頑張っている人たちを応援したい」という小泉純一郎首相(当時)の肝いりで2003年9月、「地域産業おこしに燃える人」が選定されました。その1期生33人に、翌年の2期生36人を加え、2008年4月「NPO法人地域産業おこしに燃える人の会」が誕生しました。「同窓会だけではもったいない」ということで、地域に出かけたり、地域同士で交流したり、地域と一緒に考えるなど、地域発の産業振興を支援しています。
 その理事長をつとめるのは、財団法人まちみらい千代田専門調査員を兼務する関幸子氏です。三鷹市役所に入庁以来、9年間の司書を経て、企画部企画調整室に異動後、東京都の地域産業政策研究会で2年間勉強して、行政の「税金を執行する」から「自らお金を稼ぐ」時代の流れにカルチャーショックを受け、人生の転機となったそうです。財団法人まちみらい千代田専務時代には、新しい産業創出のしくみづくりや都市と地方との連携推進で実績を挙げました。「地域産業おこしに燃える人」の称号授与の他、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーなど多数受賞されています。
 35歳で町おこしに芽生えた関氏のパワフルな講演にご期待ください。


関 幸子(せき・さちこ Seki Sachiko)氏の略歴
1980年法政大学法学部政治学科卒後、三鷹市役所に入庁。89年同市企画部企画調整室。95年同市生活環境部経済課。99年㈱まちづくり三鷹に出向し、三鷹産業プラザを建設、三鷹電子商店街、三鷹子育てねっと、三鷹光ワークスプロジェクトを立ち上げる。03年内閣府より地域産業おこしに燃える人に選定される。06年三鷹市教育委員会駅前図書館館長。07年地域活性化伝道師に選定される。財団法人まちみらい千代田に転職し、専門調査員として、秋葉原タウンマネージメント㈱設立に取り組む。08年法政大学政策科学研究科修士課程修了。09年NPO法人地域産業おこしに燃える人の会理事長に就任。

顔アップ.JPG



IMG_6243.JPG

IMG_6251.JPG


IMG_6231.JPG

IMG_6245.JPG

ENTER

お知らせ

ボランティアスタッフ募集

ねっと99夢フォーラムでは、フォーラムの運営をお手伝いくださる方を募集しています。開催の案内・データ作成と管理・ホームページなど、メール等でご連絡下さい。

年間フリーパスポート会員

milk_bg_RD.jpg13,000円で一年間(11回)フリー!

関連リンクLinkIcon